スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アミューズメント一番くじ DRAGONBALL Z SUPER MASTER STARS DIORAMA THE BRUSH賞



P1120880_convert_20171209200427.jpg


バンプレストより景品として出た、「アミューズメント一番くじ DRAGONBALL Z SUPER MASTER STARS DIORAMA THE BRUSH賞」のレビュー。


続きは↓からどうぞ!



P1120882_convert_20171209200455.jpg


今回は、01のブラシ彩色のレビューです。

リリースから半年経ってのレビュー。笑

いやー、発売当初はあまり興味はなかったんですけど、実物を見るとどうしても欲しくなってしまい・・・某オークションで買ってしまいました。

ちなみに定価は5000円で、購入価格は6000円程度でした。まぁ手間賃とかを考えたら妥当ですかね。。。



P1120886_convert_20171209200511.jpg


ラインナップは全4種類。アソートはAから順に、4:3:2:1だそうです。

一番レアリティが高いのは白黒ってことになりますね。

そしてネット上では、やはりというか、原作カラーのB賞が一番人気があるっぽいです。もちろん私も悟空のカラーリング自体はB賞が一番なのですが・・・

何か、全体のカラーバランス的にはA賞が良かったんですよね。ロゴの配色とか、雲の色とか。引き締まって見えるというか・・・B賞は台座の色が好みではなかったので、A賞にしました。



P1120888_convert_20171209200532.jpg


そして箱の大きさ。

正方形のBOXタイプで、かつてのSMSPのBOXより高さはないものの、奥行が大きいので、こちらのほうが大きく感じますw

これをゲームセンターから持って帰るのはなかなかに辛いでしょうね・・・



P1120890_convert_20171209200646.jpg


箱中身。

本体と台座は接着されており、外すことはできません。よって、本体のみの1パーツのみです。



P1120892_convert_20171209200704.jpg


全景。

原作の「クリリンのことかー!」ではなく・・・「超サイヤ人、孫悟空だ!!」のシーンですね。

ちなみに12月現在、プライズで「クリリンのことかー!」のシーンの悟空が登場しています。あっちは髪の毛の色が特徴的で、面白い感じに仕上がっていますね。



P1120893_convert_20171209200713.jpg





P1120900_convert_20171209200724.jpg





P1120903_convert_20171209200733.jpg





P1120904_convert_20171209200742.jpg





P1120905_convert_20171209200758.jpg





P1120906_convert_20171209200807.jpg






P1120907_convert_20171209200818.jpg





P1120908_convert_20171209200848.jpg


バストアップ。

原型師の中澤氏は、DB(特に悟空)のフィギュアを数多く手がけてきたプロで、その実力は折り紙つき。

今回の悟空も非常によくできていると思います。叫び顔って難しいと思うんですけど、輪郭も破綻せずにいい感じにまとまっていますね。

髪の毛は落ち着いたイエローに、パールがかった塗装になっています。



P1120911_convert_20171209200900.jpg


少し斜めから。

髪の毛は右に向かって流れ気味で、躍動感が感じられる造形になっています。

頬のコケ具合というか、このあたりのバランスも流石ですね!

前髪に気泡があり、若干目立つのが残念ポイント。



P1120912_convert_20171209200925.jpg


上半身。

スパークの表現はないものの、道着の破れ具合や帯の流れ具合など、オーラが巻き上がっている様子が再現されています。

どちらかといえば上半身はブラシ具合は少なめで、そのままのカラーリングを押し出すようなスタイルですね。

肌の細かい傷を表現する線も、プライズ特有の安っぽさがなくなるいい表現だと思います。



P1120913_convert_20171209200936.jpg


拳の造形の細かさもさすが。



P1120914_convert_20171209200949.jpg


下半身。

このあたりのブラシ彩色具合が一番表現されていて好きです。

A賞の道着の色、ブーツのラインなどは、DBのアニメの配色ですね。濃い目のおれんじと黄色のブーツラインは、青年悟空の初期を彷彿とさせます!



P1120916_convert_20171209200959.jpg


台座は神龍とロゴ、そして雲(砂埃みたいなもの?)。

ジオラマタイプの傑作といえば、プルーヴィーの親子かめはめがよく挙げられますが、あれも中澤氏の造形なんですよね。

中澤氏はジオラマタイプが好きなのかな?造形天下一のアロハ悟空やランチもジオラマだったし。



P1120917_convert_20171209201010.jpg


横からみれば、ドラゴンボールの部分が半立体になっているのがわかります。

神龍の緑、ロゴの紫、雲の青のカラーリングが絶妙なんですよねぇ。ここが良くてA賞を選んだようなものですw



P1120918_convert_20171209201022.jpg


控えめですが、後ろにオーラの表現もあります。

これもほかの賞に比べると、濃い目のオレンジのグラデーションになっています。この色も好みですね。ただ、もう少し大きめのエフェクトでも良かったかな?と感じることも。



P1120919_convert_20171209201034.jpg


本体の重量は結構ズッシリしていて重いのですが、台座の裏側はこのように軽量化されています。



P1120920_convert_20171209201052.jpg


誰も得しない下半身のアップ。

いや、この部分が一番ブラシ塗装っぽさが出ているので・・・つい・・・



P1120923_convert_20171209201105.jpg


正面から見ても、ほかの角度から見ても、様になる傑作フィギュアですねヽ(´▽`)/



P1120924_convert_20171209201118.jpg


写真を編集する力があれば・・・!

ここの集中線とセリフと擬音を追加して迫力満点の写真にできるのに・・・!!

私に・・・力をください・・・(編集的な意味で)



P1120927_convert_20171209201130.jpg


大きさ比較。

さすがにSMSPと比べると小さいですが、そのぶんジオラマで情報量が多く、満足感は高いです!


以上でした。発売当初は完売続出ですでにオークションで手に入れるしかありませんが、噂に違わず、傑作の悟空フィギュアでした。

このシーンの悟空はすでにいくつも立体化されていますが(メディコスの悟空など)やはり思い入れも多いので出来がいいものが多い気がします。

DBファンならぜひ手に入れておきたいフィギュアですね!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

micawber

Author:micawber
所有、購入した玩具を、気分次第でアップしていく場所。トラバ、拍手等頂けるとやる気でます。相互リンクもどし受け!

アクセスカウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
相互リンク様など(敬称略)
ブロとも一覧

じんたれのだらだらぐったり日記

続・とさにっき~

魔王のお城(最寄駅から徒歩1時間)

ひとりアソビ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
DDセイバーオルタ
TYPE-MOON 10th Anniversary × Dollfie Dream®
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。